教育ローンの審査って厳しいのでしょうか

埼玉りそなの教育ローンについてご紹介します。

埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。

変動金利になっているので年に2回ほど金利が更新されます。

現在の金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は、1.80%の割引金利となります。

最大500万円まで借入可能で返済期間は最長14年ですが、医・歯・薬・獣医学部の就学費用に関しましては最長20年までOKです。

在学中は利息分のみの返済で支払い負担を少なくすることもできますし、すでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。

教育ローンとはどういったものかご存知ですか?教育ローンとは用途を教育関係の費用に限定したローンです。

主に教育を受ける学生の保護者が学費などの支払い目的で教育ローンを組むという方が多いようです。

専門学校や大学・短大の学費、私立の小学校、中学校も教育ローンの対象になります。

融資する金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。

気を付けなければいけない点として借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。

教育ローンという学生のためのローンを提供している金融機関は銀行をはじめノンバンクなど数多くあります。

その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。

最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、1.76%という低金利の上、固定金利なので安心です。

大学や高校のみならず中学校卒業以上であれば専門学校や各種学校など幅広く対応しています。

使い途も入学金や授業料のみならず定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。

教育ローンを比較するならランキングサイトの利用がおすすめです。

金融機関に出向いたり電話で資料請求する必要もありません。

金利や借入可能額については表になっているので簡単に比べることができます。

表の中には、来店する必要の有無やローンのお勧めポイントなどが網羅されているサイトもあります。

銀行のHPへリンクが貼られていることが多いので詳細確認や申し込みにも便利です。

大手・地方問わず銀行の教育ローンは通常、低金利な商品が多いのが一般的です。

ノンバンクのローンと比較してみても融資金額は大きいですしローンの返済期間も長いため、支払に追われることなく余裕を持って返済することができます。

最近はネット銀行も普及しているのでWeb上で完結する銀行もだいぶ増え、利便性も向上しています。

銀行口座がなくても申し込めるローンもありますが口座があると低金利の優遇金利を受けることができるという銀行が多いです。

また、給与振込の振込口座にその銀行を使っていれば金利を優遇してくれる銀行もあります。

教育ローンの申し込み方法について説明します。

申し込み方法は郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育だけの使用目的となります。

郵送の場合は事前に電話などで申込書を請求します。

その後届いた書類を記入し、返送します。

インターネットの場合は事前診断コーナーがあるので数秒で借り入れ可能か診断することができます。

仮審査を申し込むのもWebで行えますし年中無休で受付け可能な点も便利です。

仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付け完了メールが届くと思いますので、必ず確認してください。

ろうきん(労働金庫)とは会員が出資し会員へのサービスを目的とする非営利団体です。

銀行やノンバンクといった営利目的ではないので2から3%台の低めの金利が特徴的です。

融資限度額は1000万円から2000万円と高額で返済期間は15から20年と長期にわたるのが特徴です。

会員外の一般の人でも借りることはできますがろうきんの会員であれば優遇金利が適用されるケースが多いです。

地方の労金の場合であれば、入学金や学費以外に学生への仕送りや下宿代も用途として認められています。

教育ローンの金利を説明します。

教育ローンの金利は融資してくれる金融機関によってかなり差があります。

金利が低い融資期間だと1%台からありますが金利の高いところでは10%近いところもあります。

銀行であれば口座などを作ることで優遇金利を受けられるケースがあります。

また、金利には2種類あり変動金利と固定金利という違いがあります。

昨今は低金利の時代と言われていますので固定金利の方が低リスクと言われています。

審査落ちた・通らないときの教育ローンを借りる次の手

教育ローンもローン契約であることは間違いありませんので、融資を受けるには審査を通過する必要があります。

審査を受ける際に用意しなければいけないものがあり、本契約までには全て用意しておく必要があります。

ネット申込みの場合、借入申込書は不要ですが源泉徴収票や確定申告書など、収入証明は必須となります。

奨学金や国の教育ローンの審査に落ちる人も実はたくさんいます。そのようなときはどうしたらいいのでしょうか。

せっかく合格した学校をお金の面であきらめさせたくはないですよね。 教育資金でお悩みなら、融資の実績が豊富かつスピーディな審査と融資が可能なアイフルやアコムやプロミスなどのフリーローンを教育ローンとして使うという方法が紹介されていました。

また、奨学金を申し込んでいるけど振り込み期日までに間に合わないとか手続きがなかなかすすまず、大学にお金を払うのが間に合わないときなどにも、このようなフリーローンをお使いの人もわりといることがわかりました。

参考:教育ローン審査甘い?基準通らない理由!【低金利おすすめは?】

このようなフリーローンは スマホ申し込みできてWEB完結も可能なので誰かに借入を知られる心配もないという点も安心です。

ご近所にお金を借りているなどということを、皆さん知られたくないはずですからね。

運転免許書やパスポートなど本人が確認できる書類や住宅ローン(家賃)などの支払いが確認できる通帳のコピーも必要となります。

ですが、何より一番重要な書類は在学が確認できる書類や合格が確認できる通知、入学許可書です。

低金利な教育ローンと言えば教育一般貸付(国の教育ローン)です。

年1.76%(固定金利)という金利で銀行やノンバンクの教育ローンと比べるとかなり安いです。

通常銀行で3から5%、信販系で5から10%になるので国の教育ローンがどれだけ低金利なのかよくわかりますね。

学費以外に受験時の交通費や宿泊費、パソコン購入費など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。

しかし、教育一般貸付は、低所得者の学生を救済するためのローンになりますので融資の対象となるのは高校や大学を目指す中学校卒業以上の子供になります。

一般的に「教育ローン」 というのは、商品の特性上、教育以外の使用用途にはローンを利用できません。

ですがバンクイック銀行カードローンやアコムなどの消費者金融のカードローンなら仕送りや交通費や生活費にも使えます。